本文へスキップ

お医者さん110番は医師・医院の法律問題を専門に扱える弁護士集団です。

全国対応・お問い合わせは
TEL.
06-6363-5810

よくある質問FAQ



ここでは良くあるご質問について簡単に解説しています。

1人で悩んでいるだけでは何も変わりません。
弁護士に相談すれば、それだけでも、何かが変わることがあります。
〜実はそんなに悩む必要がなかった、
〜方針がはっきりして、悩む必要がなくなった etc

まずは、相談する勇気を!


<< よくある質問 >>

 

  相談は、医師本人が行かなければならないのですか。

→ 原則ご本人が面談して戴くことになります。

 

  平日、病院を抜けて相談に行けないのですが。

→ 平日夜間や土日のご相談も可能です(要事前予約)。

 

どうしても外出しての相談ができないのですが。

→ 弁護士が病院まで出張してご相談に伺うことも可能です。

その場合、相談費用に加えて交通費実費と出張費用がかかります。

まずは当会へご連絡ください。

※場所等によっては、ご要望に応じかねない場合があります。

 

  どうしたら弁護士に相談できるのですか。

→ 当ホームページのご連絡先にお電話(06-6365-5810)ください。

  相談には事前予約が必要です。

 

相談の予約はいつ連絡したらよいですか。

→ 平日午前10時〜午後6時にお電話ください。  

 

  電話やメールでの相談はできますか。

→ 面談相談が原則です。

同一事案について2度目以降のご相談の場合、状況等で電話やメールによる相談に応じられる場合があります。

まずは、弁護士に相談ください。

 

メールや電話相談に費用はかかりますか。

 → メールや電話相談の場合にも相談費用がかかる場合があります。

   メールや電話での相談費用については、まずは弁護士にご相談ください。

 

  弁護士に相談したら、弁護士に頼まないといけなくなるのですか

→ 相談だけで終わることは差し支えありません。

弁護士に相談したからといって事件を頼まないといけないわけではありません。

 

  相談だけする場合の費用はいくらですか。

→ 1時間1万円(消費税別途)です。

   出張相談の場合は、交通費と日当が別途かかります。

   詳しくは、弁護士にご相談ください。

 

 

  すでに依頼している弁護士がいるのですが、そのような場合でも相談ができるのですか

→依頼内容に従った効果的な手段として、どのような選択肢があるかというご相談(セカンドオピニオン相談)も可能です。

 

  とり急ぎ、相談したいことがあるのですが。

→ 当ホームページのご連絡先にお電話(06-6363-5810)頂いた際に、お急ぎであることをお知らせください。状況をお伺いのうえ、対応いたします。

 

  相談内容が外部に漏れるようなことはありませんか

→ 弁護士には、業務で知りえた秘密を漏らしてはいけないという義務(守秘義務)が課せられていますので、相談内容を外部に漏らすようなことはありません。

 

  裁判手続きなどにかかる費用を見積もってもらえますか

→ 可能です。お気軽に弁護士にお問い合わせください。

 

  顧問弁護士を依頼することもできますか

→ 可能です。顧問弁護士を置くと、法的問題に即応できるなどのメリットがありますので、お気軽に弁護士にお問い合わせください。

 

  どのようなことが相談できますか

→ とりあえず、お困りの事柄を何なりと弁護士にご相談ください。相談内容から、法律的な問題を把握してご説明いたします。

 




バナースペース

ドクターレスキューチーム
お医者さん110番

TEL06-6363-5810
(平日9:30〜18:00)
まずこちらにお電話ください。

全国対応の窓口にもなっております。





サイト担当者
弁護士坂野真一
(大阪弁護士会所属)